自己紹介

「みらの」です。昔は「平和堂ミラノ」と名乗っていました。
劇団「惑星ピスタチオ」の看板女優だった「平和堂ミラノ」様の大ファンなので勝手に名前を拝借していましたが、本物ミラノさんがサイトを立ち上げたのをきっかけに「みらの」と名乗るようにしました。
別にひらがなでもカタカナでもどっちでも気にしません。

いちばん最初に意識して聴くようになった音楽はC-C-Bです。小学生2年とか3年とかの頃に姉の影響で。
ベストテン、トップテンなどの音楽番組を見るようになったのもC-C-Bのおかげです。
そしてその歌番組でREBECCAを知り徐々にはまっていったのです。
中学生時代は、REBECCAの他に、BARBEE BOYS、東京少年、PRINCESS PRINCESS、谷村有美、森高千里などを聴いていました。
はじめて買ったCDはプリプリの「Diamonds」です。テープでしたらその前にREBECCAのアルバムを買いましたが。どのアルバムだったかは覚えておりません。
高校生、大学生時代は、女性ボーカルばっかり。谷村有美を筆頭に、加藤いづみ、相馬裕子、黒田有紀、川本真琴などなど。
結構いろんなのを聴いていたので詳しくはよく覚えていません。
谷村有美はライブに合計30回くらい行くほどの熱の入りようでした。
ファンクラブに入っていたので、日本武道館最前列ど真ん中の席をゲットできたこともあります。
社会人になってからは、ビジュアル系を聴くようになりました。Pierrot、Dir en grey。
最近はインディーズのビジュアル系ばっかり。バロック、蜉蝣、Kagrra、Madeth gray'll、Lamielなど。
英語が嫌いなので、洋楽は今も昔も聴きません。何言っているかわからないもん。

このサイトがきっかけで結成されたレベッカコピーバンド「Becky」の影響で22歳からギターを始めました。
そして気づいたら「Becky」に加入していました。
REBECCAしか弾けない中途半端なギタリストです。

大学では西洋史を勉強していましたが、就職したらプログラマになっていました。
プログラマを退職したら見事なプータローになりました。
そして西洋史はまったく役に立っていませんが、相変わらず歴史は大好きです。

そんな感じの人です。